乳幼児健診(4ヶ月健診)

乳幼児健診(4ヶ月健診)

毎週水曜日の午後2時から3時までの完全予約制です。

健診はお子さんが心配なく育っているかどうかをチェックするよい機会です。健診をする月齢や年齢は、子どもの成長発達をみる上で大切な時期が選ばれていますので、必ず受診するようにして下さい。
☆健診の目的☆
病気の予防と早期発見、そして乳幼児の健康保持と増進を目的としています。
☆健診の方法☆
個別健診を実施しています。(現在、宇城市は集団検診となっております。当院での個別健診をご希望の方は受付までお申し出ください)

◇健診の時期・内容◇
4ヵ月(乳児期の健診時期として最も重要な年齢です。)
生後4ヶ月位になると頸もすわり、人によく反応し笑うなど、赤ちゃんの社会性の発達がみられてきます。この頃の健診は、身体発育・赤ちゃんの発達からみて重要な時期で、チェックしやすい時期であるといえます。
体重、身長、頭囲、胸囲などの身体計測と内科的診察をし、同時に頸のすわり、追視、反応性笑い、人の顔や声などによく反応するなどの精神運動発達や、先天性股関節脱臼、斜頸、先天牲心疾患など早期に発見し治療が必要な疾患のチェックをします。